.

実際にパソコンの。肌のくすみ せっけん

ディスプレイの前で、上がったり下がったりしている相場を眺めていると、何やらエントリーをせずにはいられなくなるという感情が沸き起こる方も多いです。レジーナクリニック

だがしかし、あやふやな考えでエントリーすることは絶対にしてはいけません。スリムボディ ダイエット

分かっていると思いますが、外国為替相場は年中、休みなくいずれかの国のマーケットはオープンしているし為替レートも常時変動しています。ライザップ

しかし、考え無しに売り買いを積み重ねるとそれだけマイナスになる確率が上がってしまいます。LINEモバイル 店舗

当然、売り買いの数を積む事で、トータルで利益を上げられる確率か半々になるのは周知の通りです。健康診断で脂質異常!中性脂肪が高いと言われた私のしたこと

けれどもその事実は「なんとなくアイデアでトレード」してしまうこととは話が異なります。

取引回数を重ねるという意味は自ら「ここはいける」と直感した自信を得た状況でのトレード回数を増やすという事を意味します。

格段の理由がなく、のべつ幕なしエントリーを積み重ねるのとは明らかに異なります。

マーケットの勝負に負けないためにはあなたが深く考えて緩急をつけることこそが大切です。

「ここは!」と思った為替相場の時には迷うことなく持っているポジションを積み増して集中して利益を求めます。

「何となく分かりにくい相場でどう変化するのか読めないな」と感じた時は、執着しないで保持ポジションをすべて見切りをつけて静観します。

これくらいのリズムをつけた方が最終的には取引は成功します。

相場の格言には「休むも相場」というものがある。

本当に言葉どおりです。

相場とは、いついかなる時でもポジションを持つことが全部ではなくどれも持たないでじっと待っている事も場面によっては外国為替相場です。

じゃあ、どのタイミングで、休みどきなのでしょうか。

第1に言われるのが先述の通り、直近の市場が難しいときです。

これから高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時は、何も考えず行動すると、自ら書いた台本とは異なった方向に外国為替市場が動いてしまい損失を被ることになる。

だから、このような場合はポジションを無くしてそのまま何もぜずに様子を見ているのがいいでしょう。

もうひとつは、あなた自身の体調がよくない時です。

コンディションと市場につながりがない思う投資家もいますが実は考えている以上につながりがあります。

コンディションが変な時はマーケットの大事な状況で正しい決断を下すことができなくなります。

興味がわかない時は相場から遠ざかる事も重要な事です。