.

自動車を買い取ってもらう時や、また中古車の売却の際も印鑑証明というものが必要になります。ボニック

この印鑑証明というものについて解説していきます。ビーグレン

印鑑証明とは、ある印鑑に対して、それが実印で間違いないということを実証する目的を持つものです。総量規制対象外カードローンならここ!即日融資でまだ借りれる!

この印鑑証明がなければその印鑑について実印で間違いないかどうかがわかりません。

高額な売買になる愛車の売買なので、どうしても実印が必要になりますが、それと同時に印鑑証明書が登場します。

印鑑証明という書類をつくるには、はじめに印鑑証明する必要があります。

印鑑証明書に登録するはんこは正式には実印と言われ、この世に一つだけのハンコであることが条件です。

実印を持って最寄の市町村役場の案内係へいけば印鑑登録できます。

印鑑登録をすれば印鑑登録カードを発行してもらえて、登録が完了した印は実印ということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうためには、役場へ出向き印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を埋めて、印鑑登録カードを持参する必要があります。

他にも、自動交付機でも印鑑証明の書類を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明には有効期限はないのです。

ですのでどれだけ前の印鑑証明であろうがその効力はあるのです。

しかしながら車売却の際には、印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。

ほとんどのケースで期限を定める必要はないのですが売却のときには、買い取る側が有効期限を設定していますので仮に自動車買取の予定があるのならば、最初に準備しておく必要があります。