.

未返済の負債についてたまりにたまって袋小路に入ってしまった時には、自己破産という方法を検討したほうが良いという時もあるかもしれません。

ならば自己破産には果たしてどのような利点が存在すると考えられるのでしょうか。

以下に自己破産のよい側面を見やすく説明していこうと思っております。

※民法のエキスパート(認定司法書士や弁護士事務所在籍者)などといった人に破産の手続きを頼んで、そのエキスパートより通知(受任通知)が送られると業者はそれ以後、支払の督促が禁止されるため精神的にも経済的にも安心できるようになるのです。

※エキスパートに依嘱した時点から自己破産が確定するまでの期間においては(およそ八ヶ月)、支払を止められます。

※破産の申告(弁済に対する免責許可)が認定されると今まで積み重ねた全ての返済義務のある負債より解放され、未返済の借入金による苦痛から解放されます。

※過払い金が強いられてしまっているケースにおいて、そのお金について返還作業(本来支払わなくて良かったお金を取り返すこと)も同時に実行してしまうことができます。

※自己破産の申立をひとまず済ませると貸し手からの支払いの請求は不可能ですので、しつこい取立終わります。

※破産手続の開始が決定した後の給与は債権者などではなく破産者の所有できるものと決められています。

※自己破産開始以後、自分の給与を押えられる悩みもないのです。

※平成17年になされた法律の改正の成果として、自らの手に取っておける私財の額が大変大きく拡大されるようになりました(自由に所持できる財産のなお一層の拡大)。

※破産の手続きをしたという理由で被選挙権や選挙権というようなものが限定されたり奪われることはありません。

※破産の申立てをしたことを理由にそのことが戸籍・住民票などに載せられるといったことは全く考えられません。

≫自己破産を行ったからといって返済義務のある負債が帳消しになるとしても全てが免責になってしまうというわけではないので注意しましょう。

所得税や損害賠償債務、養育費または罰金など無効を認定すると著しく問題のあるたぐいの借りたお金においては、支払い義務の帳消しの確定以降も支払義務を背負うこととなります(免責が認められない債権)。

破産手続きの財産を価値に変換する際のガイドライン新しい法(平成17年に改定)における水準ですが申立と同時に自己破産が確定になるような認定基準は、業務上の要請から改正前のもの通りの水準(二十万円)で扱われるケースが多いので債務者財産の処分を行う管財事件というものに該当するならば少なくない資金的ロスが発生するので気をつける事が必要なのです。